Goで実践 アクターモデル vol.1 Hello Actor

Hello Actor 細かい機能の解説はあとの回として、 まずはアクターシステムを使ったプログラミングを体験してみましょう。 Goではアクターシステムが商用でも十分利用できるものは、 下記のProto Actorとergoがあります。 github.com github.com Proto.Actor…

Goで実践 アクターモデル はじめに

まえがき アクターモデルといえばErlang、もしくはScala/Javaなどで利用できるAkka/Pekkoがデファクトですが、 Go言語でも不自由なく利用できるProto Actorというツールキットがあります。 Akka/Pekkoほど機能はないため いくつかは自分で実装しなければいけ…

2023年振り返り

2023年はあんまりパッとしなかった? いつもの年末振り返り。 去年に引き続きブログ等のアウトプットもあまりしていなかったので、 振り返りと来年はアウトプットしていくぞ! アウトプット 今年もアウトプットは意図的に抑えていました。 コミュニティには…

2023年 買ったギター機材たち

今年は楽器・ギター再熱したこともあって、機材をちょこちょこ買って楽しんでました。 買ってとても良かったなぁ、っていうものをピックアップ。 Ibanez RG5328 8弦ギター www.ibanez.com Meshuggahを弾きたくて、そのために買ったと言っても過言ではないん…

OpenTelemetry + New Relicを使ってGoで作る分散システムのメトリクスを収集しよう

Goで簡単に分散システムを作りながらNew Relicを使ってしっかりとメトリクス収集していきましょう、という内容をお届け

Proto Actor(Go)でスキャッタ・ギャザーを実装してみよう

メッセージを扱ったシステムでは必須のテクニックの一つ、スキャッタ・ギャザーを実装してみましょう!Goを使ってアクターモデルを学びます。

SREはインフラエンジニアだけでなく、みんなの活動

SREはインフラエンジニアだけではなく、みんなの活動なのではないかという話を書きました みんなでやろうSRE!